ページトップへ

周辺観光

養父市のオススメパワースポット

天滝

天滝

日本の滝100選に選ばれている落差98mを誇る天滝は兵庫県下一の名瀑といわれています。
天滝までの渓谷には、夫婦滝(めおとだき)、鼓ヶ滝(つつみがたき)、糸滝(いとだき)などの滝群があり、春の新緑、秋の 紅葉を背に落ちる滝、厳寒に凍る滝など四季折々楽しい姿を見せます。この天滝渓谷には、森林浴場として「森林浴の森100 選」や「兵庫県森林浴場100選」にも指定されています。
登山コースとしても多くの方から人気を集めています。

樽見の大桜

樽見の大桜

全国でも10指に入る樹齢を誇る、国の天然記念物に指定されている県下最大のエドヒガン桜です。樹高13.8m、幹回りは6.3m、樹齢は1000年を越えるといわれ、その昔、出石藩のお殿様が花見に訪れた桜の名所で、地元の人々からは「仙桜」とも呼ばれています。毎年4月上旬に開花しております。

名草神社 三重塔

名草神社 三重塔

明治37年2月18日に国指定になった重要文化財で、名称は「名草神社三重塔」です。妙見三重塔とも言われています。
出雲大社の大改修にあたり太くて立派な妙見杉(みょうけんすぎ)を提供した返礼に寛文5年(1665)に出雲大社にあった三重塔を贈られたものです。
美しい朱色の三重塔は、軒下の部分に4匹の猿の彫刻があります。「見ざる、言わざる、聞かざる、思わざる」のポーズをとっている四猿の彫刻は、名草神社の三重塔だけでしか見られないものです。

養父市周辺の観光スポット

竹田城跡

竹田城跡

標高353mの古城山上に築かれた竹田城跡。
晩秋のよく晴れた早朝に朝霧が発生することがあり、幻想的な風景は但馬地方の風物詩となっています。この雲海に包まれた姿や竹田城から見下ろす風景は天空に浮かぶ城を思わせ、「天空の城」・「日本のマチュピチュ」と呼ばれるようになりました。
また、平成24年に竹田城跡が「恋人の聖地」として認定を受けました。恋人の聖地にあやかろうと、若いカップルたちも多く訪れておられます。

とがやま温泉 天女の湯

とがやま温泉 天女の湯

「とがやま温泉」は多量の炭酸水素イオン(重曹)を含み、さらに食塩やマグネシウムなども多く含んでいるのが特徴です。これらの成分を重曹成分と称し、この成分はお肌に潤いをもたせる成分であることから、この重曹成分を多く含んだ温泉を「美人の湯」と称しております。
自然石を使った重厚感ある内湯や山々を見渡す展望露天風呂が好評の日帰り温泉です。
予約制ですが介護用のケア浴場があり、施設全体がバリアフリーを意識した造りとなっている点が魅力の1つでもあります。

まんどの湯

まんどの湯

展望露天風呂をはじめ、頭をのせる石枕とジェットブローの付いた石造りの寝湯、高温サウナや円形風呂、室内岩風呂など、さまざまなお湯がお愉しみいただける天然温泉です。
ナトリウムイオンを多く含む温泉で、神経痛、筋肉痛、関節痛など体の痛みにもよく効きます。
合格の湯」と呼ばれる縁起のいいご利益温泉でもあります。

村岡ファームガーデン

村岡ファームガーデン

村岡ファームガーデンでは、但馬牛の一頭買いにより格安で種類が豊富。レストランでは但馬牛のステーキや石焼き但馬牛グルメをはじめ、50種類以上と但馬牛をふんだんに楽しむ事ができます。
また、特産品を含んだお土産売場には、村岡きび粉、手づくりハム、山菜、すずまめ茶に加えて、地元の食材を使った餅など30種類以上のお土産品が並びます。

城崎温泉

城崎温泉

開湯1300年の歴史を持つ兵庫県随一の名湯地。島崎藤村や志賀直哉、司馬遼太郎はじめ多くの文人墨客に愛された、文学の香り高い伝統の温泉街です。
石造りの太鼓橋がかかる小さな川と柳並木は城崎温泉の代表的な風景。温泉街には7軒もの外湯が点在し、それぞれ趣の違う温泉浴を楽しめます。

出石城跡

出石城跡

出石城は慶長九年(1604)に小出吉秀によって山頂の城を廃して築かれたもので一国一城制による但馬唯一の城です。
出石城の城下町として整備された町割が碁盤の目状であることから、但馬の小京都と呼ばれています。
豊岡市出石伝統的建造物群保存地区の名称で国選定の重要伝統的建造物群保存地区です。
出石の街には50軒もの蕎麦屋が建ち並び、イベントとして毎年4月第3日曜日にわんこそば形式の大食い大会「出石名物そば喰い大会」が出石城で開催されており毎回多くのお客様で賑わいます。